「みおの実K」 

■本を買い物する  ■データのダウンロードサイトはこちら

A5版・36ページ・200円(送料は無料です。

 つやつやみおの妖怪いっぱいオリジナル。

行き倒れかけた鯉の妖怪を助けたむっちゃん。湖の主の生け贄にされてしまいます。そんなむっちゃんを助けようとするセイメイさんと妖達。

でも…。「何事にも“初めて”には力がある」。そう言ってむっちゃんのファーストキスを取り合ったりして、全然役に立たない妖怪達。そんなストーリーです。妖怪の薬を製作する、セイメイさんの方法も描いてます。 

今回出てくる妖怪達は、木霊「繭玉(まゆだま)」・青鬼「錆(さび)」・鬼火・ぬらりひょん・カラス天狗・白うねり…

そして、表紙右下でむっちゃんにキスしようとしているのが「山地乳(やまちち)」です。山地乳…眠っている人に口づけして、生気を吸い取る妖怪です。背中に生えてるコウモリの羽が素敵ですよね〜。 

あ、表紙には出てきてないけど、鯉の妖怪と湖の主の「大ナマズ」もでてきますよ。

   

セイメイさん、むっちゃんの代わりに他の誰かを生け贄にしようと…?

なんか錆は今回ずっと勘違いした変な人(鬼?)です。…いっつもか。

妖怪は、人間の気でできています。だから、薬にも「気」を入れます。

 

物質に「気」を直接入れることはできない…。だからいったん自分の体を通して、「自分の気」にして入れるんですよ。

そういって、いろんな「気」を飲むセイメイさん。

セイメイさんが妖怪の薬を作る時は、いつもこうやって「気」を入れます。

負の気も使うので、むっちゃんには妖の薬を作らせたくないセイメイさん。でも、今回とうとう教えてしまいます。

 

 

セイメイさんの本音もちらりとでるみおの実K。

ちょっとだけまじめ(?)な本編に対して、おまけの5p漫画は…

「お山のまいにち2」です。

沢山桃をもらったセイメイさん。みんなで食べましょうと持ってきますが、錆は鬼。

桃をとても嫌がります。

色鬼ちゃんの秘密が今回明らかに!?

やっぱりご無体な錆に、怒った色鬼ちゃん。みんなを桃色にしてしまいます。

漫画本編は白黒なので、裏表紙で桃色に染まったみんなを描いてみました〜。

  

ちょっと桃色な「みおの実K」。ぜひぜひ読んでみてくださいね〜。   


かなめみおホームへ

みおの実のページへ

●お申し込みや感想等は、ブログやmixi、pixiv、メール でね〜。

 kanamemio.higuti☆nifty.ne.jp (アドレスの☆を@に直して下さい) お気軽に!