みおの実〜小説版〜「鬼の給食当番」 

甘い血を持つ絵描きの沙丹が、人喰い鬼の給食に?守護天狗、真白の苦労も全く気にせず、沙丹は鬼の絵を描こうとして…。

■本を買い物する
同人誌 A5版・60ページ・400円(送料は無料です。)  

■電子書籍版は300円程度で流通します。(2016年 夏頃)
取り扱い電子書籍店 一例 どこでも読書 BookLive Amazon  エルパカBOOKS  ぱぴれす 楽天ダウンロード PDABOOK 紀伊國屋書店 SONY ReaderStore  シャープ GALAPAGOS STORE 
他 お好みの電子書籍店で「つやつやみお」や作品名で検索して下さい

文 つやつやみお 絵、漫画 森下要 でお送りする、人と妖がふれあうハートフルな和風ファンタジー小説です。

絵描きの沙丹は、妖から美味しそうに思われる体質。 
しょっちゅう妖に食べられそうになったり狙われたりする沙丹を守護しているのは、お人好しの天狗、真白。
ある日、アトリエにやってきた青鬼が「俺、給食当番になったねん。せやから沙丹、ちょうだい?」だなんて。 
人喰い鬼、錆に振り回される真白の気も知らず、鬼の絵を描きたい沙丹は錆に無防備に近寄ります。 
そんな時、鬼のお頭が沙丹をさらって…!
 
人と妖が織りなす、優しくてドキドキな和風ファンタジー。

挿絵です。
 
真白の苦労もどこ吹く風。特上の霜降り牛肉に舌なめずりする沙丹くん。

 


挿絵2。

鬼ヶ島の仲間達。 左下で親指立てているのが、十三月山に住んでいるおなじみの錆です。

裏表紙は、ちょっといばった真白です。

沙丹と真白の出会い編「沙丹の血」、セイメイの歳を取れない呪いのお話「千古不易の呪」、
……BLがお好きな方は、真白×沙丹の「守護天狗」、真白がセイメイを拾ったお話「久遠の君へ」、セイメイと錆、真白の明るいBL「身から出た錆」もよろしくお願いします〜!


かなめみおホームへ

みおの実のページへ

 

●お申し込みや感想等は、ブログやmixi、pixiv、メール でね〜。

 kanamemio.higuti☆nifty.ne.jp (アドレスの☆を@に直して下さい) お気軽に!