怪々大行進052  ヘドロ怪獣ザザーン

 帰ってきたウルトラマン第1話登場

  原型制作 森下要(かなめみお)  1/6(30pサイズ)レジンキット    全26パーツ (胴体、手×2、ヒレ23パーツ)

   

CCPのタッコングと一緒に撮ってみました。

 

      

     

ザザーンの制作を決めて資料を見ていると やけにタッコングより背が高い!  この身長差は?
中の人が口の位置から見ているからと判断して 少し高めに制作。  肩の高さは他の30pサイズにそろえてあります。
しかしその為胴体パーツは巨大になり、型も巨大…そして真夏のキャスト流し!  途中で硬化! 失敗も何度か…大変でした。

さて、撮影前と後で着ぐるみが違います。どちらを造るか迷いましたが、やはり映像中の物にしました。
ヒレヒレは…造って気がつくと取れて無くなり、造り直すと見つかるの繰り返し。これまた大変でした。


このザザーンを造ろうと思ったのはWFでも 親しくさせてもらっていたケチャップ堂 高野さんのタッコングを見た時でした。
WF会場で一緒に写真を撮らせてもらいたかった…。本当に残念です。 おやじさん、どうぞ安らかに。      要

 


怪々大行進のページへ

かなめみおホームへ