「天狗物語(てんぐものがたり)」 

制作かなめみお (漫画、森下要  原作、つやつやみお)
A5版・44ページ・400円  データは315円 ノベル版は270円
漫画(紙の本)も ノベル(電子書籍)もあります。

■かなめみおSHOPで本を買い物する    ■Booth通販 https://kanamemio.booth.pm/    ■データのダウンロード(DLサイト)

小説版天狗物語は270円程度で流通しています。
取り扱い電子書籍店 一例 どこでも読書 BookLive Amazon  エルパカBOOKS  ぱぴれす 楽天ダウンロード PDABOOK 紀伊國屋書店 SONY ReaderStore  シャープ GALAPAGOS STORE 
他 お好みの電子書籍店で「つやつやみお」や作品名で検索して下さい

つやつやみおの妖怪いっぱいオリジナル。今回は色を操る鬼「色鬼ちゃん」のお話です。

 

    

つやつやみおの妖怪いっぱいオリジナル「みおの実シリーズ20」。

今回は、真白の前の天狗の長、イゼの話です。まだ顔に大きな刀傷が付いてなかった頃…だいたい戦国時代あたりのお話です。

老人の姿を持つイゼには、青年の姿を持つサンという双子がいました。 妖は今の姿のまま産まれる…存在しだすので、若いサンとじいさんのイゼも同い年です。

サンとイゼは、マリアという一人の美しい女性と出会います。彼女は異国の宗教を布教に来た白人でした。

みおが一番好きなページ^^。 羽を一枚抜いて、羽団扇にする…かっこいいイゼ〜。

墨道という男は、結構に力のある退魔師です。

包容力があって少し慎重なイゼ。奔放で力強く、気ままなサン。そして若くて可愛いマリアは少々病弱ですが明るい性格です。

今回から、みおの実シリーズがとうとう「原作:つやつやみお 漫画:森下要」 になりました。 究極の…丸投げの形!
要さん! すごい漫画を描いてくれて ありがとう!
みおの実のネタは私が考え、要さんがラフ→構図→コマ割り→下描き。そしてそこから私に原稿が帰ってきて、ペン入れ→デジタル仕上げ、 他…という形で二人で一つの作品を作ってます。 (あ、みおの実は私が原作だけど、ニクポ星人他、原作も絵も要さんって作品も、もちろん沢山ありますよ!)

今回は、みおの実には珍しく、戦いのシーンも多かったのですが、要さんが動きのある漫画を描いてくれました。

 

いつもはおちゃらけたサンですが、天狗山の長。怒らせると意外に荒ぶる神です。

そう。イゼには顔の左半分に大きな刀傷があります。それは墨道が付けた傷でした。後、右のこめかみ、着物で見えないけれど両腕と右の脇腹にも矢傷があります。

 みおの実10で太郎ちゃんが「天狗の隠れ里に他の妖なんて連れこめるもんか! …そういう掟なんだから」と、みおの実13で「ここは天狗達が山の存在感を消しているから、人間の目には見えないんですよ。まあ映像には映りますけどね」というセイメイさんのセリフの謎が……どうして天狗山(十三月山)が人間の目には見えないのか、どうして天狗以外の者は入れないのか。それが今回解き明かされます。

これ以上はネタバレするので、この辺で〜。

裏表紙です!

そして…。イゼです! イゼ!!
イゼは私が結婚したいキャラ第1位キャラ!
優しくてちょっとお茶目なじいさんをどうぞよろしくお願いします〜。

 

みおの実シリーズは読み切りですので、どの巻からでも読めます!
イゼが登場する巻はみおの実10みおの実14
小説なら「みおの実小説版〜千古不易の呪「金剛」、BLノベルならみおの腐れ実シリーズ不実なあなたにも登場しています。

 

感想や、お気に入りキャラがいれば教えて下さると嬉しいです。

                               つやつやみお


かなめみおホームへ

みおの実のページへ

 

●お申し込みや感想等は、ブログやmixi、pixiv、メール でね〜。

 kanamemio.higuti☆nifty.ne.jp (アドレスの☆を@に直して下さい) お気軽に!